審査通りやすいコツ

カードローンをアルバイトで借りる方法!限度額や借りる為にすること詳細

投稿日:

アルバイトでもカードローンは利用できる?

カードローンと言えば一般的には社会人が契約して利用するものだというイメージが強いわけですが、実際には正社員として働いている会社員だけでなく、パートやアルバイトの雇用形態でも利用が可能になっている場合がほとんどです。

これは何故かと言うと正社員ではなくても雇用されて働いていることにより収入が確保できているためで、貸金業法で定められている用件をクリアできているためだと言えます。

貸金業法では働いて収入を得ている人をとても重要視しており、財産をいくら持っている資産家であっても働いていない場合はカードローンの契約が出来ない仕組みとなっています。

そのためアルバイトは正社員ほど収入が無い場合でも雇用されて収入を得ているという面において、資産家よりもカードローンの利用においては上を行く存在であると言えます。

アルバイトが利用できるカードローンは消費者金融の提供しているものと、銀行が提供しているもののどちらも利用可能となっており、カードローンを提供している会社の決めた審査基準さえ満たして入れば問題なく契約が可能となっています。

大手消費者金融のアコムやアイフル、プロミスに関しては全ての消費者金融がアルバイトの利用を許可していますので申し込みを行うことで審査に問題が無ければすぐにカードローンの利用が可能となるでしょう。

銀行の場合も最近ではアルバイトでもカードローンの利用を許可しているケースが増えてきており、ネット銀行などに関してはアルバイトの利用に力を入れているといえます。

ただし銀行の場合年収での制限をしている場合も有り、特に地方銀行のカードローンに関しては年収200万円以下の場合は利用不可と言った制限があるケースも確認されています。

この場合アルバイトで200万円以上の収入があれば問題ありませんが、それ以下の場合は利用できないので注意が必要となります。

アルバイトOKでも審査の落ちることはある?

基本的にアルバイトの利用がOKとなっているカードローンの場合、よほどのことが無い限り審査に落ちると言うことはありません。

しかしそういったカードローンであっても場合によっては審査を通過できないケースも考えられます。

カードローンを利用する場合消費者金融に関しては総量規制と呼ばれる規制があり、アルバイトの場合でもその規制の対象となります。総量規制では年収の三分の一以上の貸し付けを禁止していますので、アルバイトで得ている年収が幾らかによって利用できる金額にも違いが出てきます。

そのため120万円の年収を得ているアルバイトの場合は40万円までが限度となり、それ以上の金額で申し込みをしていた場合には総量規制の規制をオーバーする金額での申し込みと見なされてしまうため、その時点で審査を通過出来なくなってしまいます。

これが150万円の年収であれば50万円の限度額となりますので年収120万円のアルバイトよりも多くの利用が可能となりますし、申し込み金額がそれ以下であれば審査を落とされる心配はないでしょう。

このように申し込み金額に注意をしないとしアルバイトOKでも審査を落とされてしまうことになります。

それとアルバイトで収入を得ている場合でも、アルバイトとして働いている期間が短い場合には審査を通過出来ず落されてしまう可能性もあります

これは何故かと言うと、アルバイトOKと謳っているカードローンの場合、重視されるのは年収の多さではなく安定した収入が得られているかどうかということのほうが審査においての重要性が高いと言えます。

何故ならアルバイトで毎月15万円稼いでいる場合でもその期間が数か月しか経過していない場合、15万円を安定的に得ているとは言えないためです。

逆にアルバイトで毎月8万円の収入があり、そのアルバイトを長期間継続的に続けている方が、収入は少ないですが安定的な収入を得ているという面からみれば数か月のアルバイトで15万円得ている場合よりも信頼性が高いと言うことになるわけです。

そのためアルバイト期間が短すぎる場合は審査の段階で安定性を欠いていると言う判断を下されてしまう可能性が極めて高くなるので、この場合にはアルバイトOKでも審査を落とされることになります。

ただしカードローン会社によってその基準が異なるので、何カ月以上働いていれば大丈夫という明確な答えはありません。安全性を高めたいのであれば、少なくとも半年程度のアルバイト継続期間を経てから申し込みをする方が良いでしょう。

アルバイトがカードローンを利用する場合の注意点

アルバイトがカードローンを利用する場合の注意点としては、利用できる限度額が正社員で働いている人に比べて低くなるのでそれを考えて申し込み金額を決めることが重要です。

高い金額で申し込みをすれば総量規制の規制に引っ掛かりますので出来るだけ低い金額での申し込みをするのがポイントです。

それとアルバイトの場合仮に審査を通過出来たとしても限度額が大幅に少なく設定されてしまうケースもあるのでそれも理解しておく必要があります。

年収が150万円あるアルバイトの場合、通常は50万円までの限度額となりますが、アルバイトと言う雇用形態の場合カードローンを提供している消費者金融や銀行の判断で30万円を限度として利用を許可する場合がとても多いと言えます。

これは正社員に比べてアルバイトのほうが雇用形態としても安定性が低いためで、リスクを負わないようにするためカードローンの利用限度額を抑えて契約を許可するということがあります。

それとアルバイトを複数掛け持ちしている場合にも注意が必要で、カードローンの申し込みをした場合必ず在籍確認という確認作業が行われます。そのため記載する勤務先をどこにするかが重要となりますし、連絡の取れない勤務先を記載していた場合には在籍確認が出来ないので審査を通過出来なくなってしまいます。

それと記載したアルバイト先での収入が重要となりますので、できるだけ多く収入を得ているアルバイト先を記載する方が良いでしょう。

審査を通過した場合には晴れてードローンの利用が可能となりますが、利用可能となった場合にも注意が必要となります。

カードローンの利用は便利ではありますが簡単に言えば借金をするということですので、そこには必ず返済するという義務が生じます。これはアルバイトでも正社員でも同じ義務を負うことになるので、利用した金額は必ず返済しなければいけません。

アルバイトの場合収入が少ないためそれを考えずに利用してしまうと返済の段階でお金が足りなくて遅延や延滞してしまうという恐れもありますし、もし遅延や延滞をしてしまうとアルバイトであっても信用情報にその情報が記載されることになります。

遅延や延滞は信用情報にキズを付ける行為であり、悪質な場合はブラックリスト扱いとなりその後のカードローン利用はもちろんのこと、他のローンなども利用できなくなってしまいます。もし学生でアルバイトをしておりカードローンを利用した場合、そういった行為が社会人になった時に必ず大きなマイナスとなりますし、遅延や延滞をしたことにより様々な問題が生じることになるので注意しなくてはいけません。

アルバイトでも簡単に利用できるカードローンだからこそ利用する場合には計画性を持ち慎重に利用することを考える必要があるでしょう。

-審査通りやすいコツ

関連記事

カードローンのブラックとは?ブラックの理由、信用情報機関の解説

カードローンのブラックとは? カードローンは多くの人が利用することができる便利なローンであり、今では社会に浸透しその認知度も利用率も非常に高いものとなっています。 しかし多くの人が利用できるのにもかか …

カードローン審査落ちしないためのポイント!審査に通りやすい方法解説

カードローン審査に影響する信用情報とは? カードローンを利用する場合、必ず審査が必要になります。 何故審査を必要としているのかといえば、カードローンは見ず知らずの人にお金を貸すという商売であり、そのた …

カードローン在籍確認で会社バレしない方法!電話されないやり方詳細

カードローンの申し込みをしますと、必ず審査は行われます。 その兼ね合いで、在籍確認という手続きを踏むことになるのです。たいていは電話で確認されますが、それも金融会社次第です。 中には書類で確認できる会 …

カードローンの借り換え審査基準は?オススメ方法解説

カードローンの借り換えとは? カードローンを利用する場合には申し込んだ貸金業者が設定している金利での利用が契約で決められています。 消費者金融の場合貸金業法により金利の上限が20%と決められており、そ …

カードローンで即日融資に必要な審査時間、書類、限度額設定詳細

即日融資にもっとも大切な営業時間をまず確認 即日融資を受ける場合は、営業開始時刻よりも前にネットから申し込みをしておくことが大切です。 また、アイフルであれば、申し込みをして受付完了メールを受信後に、 …