カードローン比較、金利、審査、返済

カードローンの審査が甘い消費者金融と銀行のおすすめとその理由詳細

投稿日:2017年6月19日 更新日:

カードローンを利用できる主な金融機関は2つ

 

カードローンを利用してお金を借りる場合、利用できる主な金融機関は2つです。

1つは銀行、そしてもう1つは消費者金融です。この2つの金融機関にはそれぞれメリット、そしてデメリットが存在します。

そして消費者金融のカードローンのメリットとして挙げられるのが、銀行のカードローンに比べると審査が通りやすいということです。

そのため審査をパスすることを第一条件として考えるなら、消費者金融のカードローンを利用することがお勧めです。

ではまずなぜ消費者金融のカードローンは審査が比較的通りやすいのか、その理由について見ていくことにしましょう。

消費者金融は総量規制が適用される

消費者金融のカードローンを利用するにあたり、総量規制という決まりについて理解しておく必要があります。

この決まりは消費者金融でお金を借りる場合、最大融資は年収の3分の1までとするというものです。そのため年収の額によっては希望する額のお金を借りることができないケースもあります。

しかしこの決まりのおかげでカードローンを利用した人の返済がスムーズになされるようになりました。

この決まりが制定される前は多額のお金を消費者金融から借り、返済できなくなってしまう人が大勢いました。しかし総量規制が制定されてからというもの、多額の融資が受けられなくなったために利用者は無理な融資を希望することができなくなりました。

このような状況が返済率の上昇を可能としたのです。総量規制が借りたお金の返済を楽にしているという事実により、消費者金融側の融資したお金が全額返済されるかどうかに関する心配が軽減されました。このような理由により、カードローンの審査は比較的容易にパスできるようになっているのです。

それとは対照的に銀行によるカードローンには総量規制が適用されません。そのため年収に関わりなく、高額の融資が可能なのです。しかし審査において、この人は確実に借りたお金を返済できるという確証がなければ、融資はなされません。

このような理由により、消費者金融での審査よりも銀行による審査は厳しくなるのです。また多くの人が銀行のカードローンを好む理由は融資額が大きいことに加え、利率が低いことにあります。そのため利息の支払いは少なくて済みます。

その一方で消費者金融が設ける利率は高く、全額返済が遅くなると多額の利息を支払わなければならなくなります。消費者金融は利息によって儲けを出しています。そのためたくさんの顧客を確保しなければ儲けを出すことはできません。こうしたことも審査が比較的パスしやすい理由となっています。

消費者金融の中でも審査をパスしやすいのは?

これまで考えてきたように消費者金融でのカードローンは比較的審査がパスしやすいために、多くの人によって利用されています。

そしてその中でも審査をパスしやすいところがいくつか存在します。たとえば最近ではアルバイトやパートであっても定期収入がある人が利用できるカードローンがあります。このようなカードローンを行っている消費者金融は審査が容易であるとされています。有名な消費者金融であるアコムなどもこのような形のカードローンを行っており、その信頼性も相まって多くの人によって利用されています。

またアイフルやプロミスといった消費者金融は非常に有名であり、多くの人によって知られています。その一方で多くの人にあまり知られていない消費者金融もあります。

このようなところは中小消費者金融と呼ばれています。そして中小消費者金融では審査が比較的パスしやすいとされています。たとえばライフティセントラルといった消費者金融は多くの人にあまり知られていないかもしれません。

しかしこれらの金融機関は信頼の置けるところです。

大手消費者金融の場合、どこか他の金融機関でカードローンによりお金を借りており、いまだに全額返済していない人には融資がなされません。

しかし中小消費者金融の場合はそのような人に対しても融資がなされることがあります。こうしたことを考えても、中小金融機関の審査が比較的パスしやすいものであることが理解できます。

銀行カードローンはどう?

先にも述べたように、総量規制が適用されない銀行のカードローン利用者は多額の融資がなされることがあります。

それゆえに審査が慎重に行われ、確実に返済できるという人しか融資はなされないのです。それでも利息が少なくて済む銀行のカードローンをなるべくなら利用したいという人は少なくありません。

もちろん消費者金融の審査に比べると厳しくなることは必須ですが、それでも銀行カードローンの中では審査が比較的通りやすいものがいくつか存在します。

たとえば三菱東京UFJ銀行イオン銀行、そして楽天銀行などは独自の審査方法を採用しています。そのため他の銀行で融資を断られたという人でも、これらの銀行では審査をパスできる可能性があります

もちろん独自の審査方法を採用しているからといって、誰でも審査をパスできるということではありません。これらのカードローンを利用するための最低条件は他の銀行が設けるものと一緒です。

例を挙げるならこれまでに金融機関からお金を借り、返済できなかったという経験がないことや、ブラックリストにのっていないことなどです。

また返済能力は現在の収入の額だけではなく、その人がいつまで働くことができるのかという点にも注意が向けられます。そのため年齢や勤続年数なども審査を行う上での考慮点となります。

なぜお金を借りるのか、いつ返済できるのか、といった点がポイント

これまで考えてきたように、消費者金融からのカードローンは銀行からのカードローンよりも審査がパスしやすいために、多くの人は消費者金融からの融資をチョイスします。

しかしここでの融資を受けるには多額の利息を支払う必要が生じるために、この点がネックとなると考える人がいるのも事実です。もちろんカードローンを利用するにあたり、審査や利息について考えることは非常に重要です。

しかし同時になぜお金を借りたいのか、そして全額返済はいつ頃できそうなのかという点についても考慮する必要があります。こうした点を考慮するなら、融資に関する選択肢を増やすことができます。

現在受けている融資の返済を楽にする目的の場合、利率の高い消費者金融から融資を受けているならば、たくさんの利息を支払わなければなりません。このような状況を回避するために利率の低い金融機関からお金を借り、そのお金を返済にあてるという方法が用いられることがあります。

このようにすれば利率の高い金融機関から、利率の低い金融機関に乗り換えることができるのです。こうしたことが目的でカードローンを利用するのであれば、利率の低い金融機関を見つけなければ意味がありません。

しかし返済期間が短くて済むことがあらかじめわかっている場合、利率の高い金融機関からの融資であっても問題ないことがあります。

利率が高いといわれている消費者金融では、融資額に利率と返済までにかかった日数がかけられ、この計算式によって利息がはじき出されます。

例を挙げれば融資額が10万円で利率が18%であり、全額返済までにかかった日数が5日だとします。この場合の計算式は10万×0.18×5となり、利息は9,000円となります。

しかし全額返済期間が短ければ高額な利息を支払う必要はありません。そのため数日内に全額返済できることが分かっている場合、審査をパスしやすい消費者金融のカードローンの利用がお勧めです。

-カードローン比較、金利、審査、返済

関連記事

カードローン おまとめローンのおすすめは?審査で気をつけるポイント!

おまとめローンが可能な商品について 1. オリックス銀行カードローン オリックス銀行のカードローンは、おまとめローン的な商品といえます。 その場合、申込フォームのページ目の利用目的を借りかえを選択する …

カードローン、アコム会社概要と借り入れ方法、審査、提携ATM詳細

アコムの特徴とは テレビCMでもお馴染みですが、アコムといえばサラ金全盛時代から大手消費者金融として知られており、1978年から営業を行っています。 その後、サラ金問題が社会問題化したことにより貸金業 …

カードローンの一覧から、カードを比較してメリット・デメリットを把握

1. 三菱東京UFJ銀行 カードローン 三菱東京UFJ銀行のカードローンは、日本最大手銀行のカードローンという大きな信頼と安心感のあるカードローンです。 メガバンクという信頼性と上限金利の低さが特徴的 …

カードローンの延滞するとどうなる?延滞しそうになったらすべき事を解説

カードローンを延滞するとどうなる? カードローンを利用すると必要な時にお金を都合することが出来るため、現在では無くてはならない存在であると感じている人も少なくないのではないでしょうか。 便利に利用でき …

低金利のカードローン比較、おすすめのカードローンをご紹介

カードローンを申し込む前に 銀行や消費者金融などから様々なカードローンが提供されています。 webから申込んで契約完結できるなど気軽に申し込めるということが受けて、いまやカードローン利用者はかつてない …